お子さんをはじめて歯科医院に連れて来られる方へ

お子さんを歯医者へ連れて行く時期としておすすめなのは、「乳歯が生えてくる時期」と「生え替わりの時期」です。通院のタイミングで悩まれている方はぜひ参考にしてください。

乳歯が生えてくる時期【1歳半~3歳】

上下の前歯12本・奥歯4本の計16本の乳歯が生えてきます。地方自治体が1歳半健診・3歳児健診を行っており歯科検診も実施していますので、担当の歯科医師に乳歯の生えそろい具合や噛み合わせを診てもらいましょう。問題がなかった場合でも、乳歯は虫歯になりやすいので、1歳半・3歳児健診の後に歯科医院への通院をご検討ください。

生え替わりの時期【6~12歳】

6歳頃から乳歯から永久歯に生え替わりはじめ、12歳になる頃には28本すべての乳歯が永久歯に生え替わります。生え替わりの時期は、抜けた歯や生え替わった歯によって歯並びが一時的に大きく乱れるので汚れが溜まりやすく、虫歯になりやすくなります。

特に、6歳頃に生えてくる「第一大臼歯(6歳臼歯)」という奥歯は、歯ブラシが届きにくいうえに深く細かい溝を持つため虫歯になりやすくなっており注意が必要です。奥歯が生えてきたら歯医者で奥歯の溝を樹脂で埋めるシーラントという処置を受けることができますので、永久歯の奥歯が生えたタイミングで歯医者へ行くというのもいいでしょう。

  • ページの先頭へ戻る