お子さんの歯を虫歯から守ってあげましょう

術前

術後

乳歯は永久歯に比べてやわらかく、虫歯菌が出す酸に溶けやすくなっています。そのため、お子さんは大人以上に虫歯に気をつけなくてはいけません。このページではお子さんが虫歯にならないためのアドバイスをお伝えしています。自宅で親御さんが今日からできることもお伝えしていますので、ぜひ実践してみてください。

ご自宅での虫歯予防「大人からの感染防止」

実はお子さんが虫歯になるのは、親御さんが原因だといわれています。食事のときに同じ食器を使ったり、食べ物を咀嚼して口移しをしたりしていませんか? なにげなくしていることだと思いますが、食器の共用や口移しは、親御さんの口腔内の虫歯菌がお子さんにうつる原因になります。

お子さん専用の食器を用意してあげて、口移しなどはしないようにしましょう。ちなみに、同様にキスでも虫歯がうつりますので、親御さんとしては辛いかもしれませんが、お子さんのためにはキスではなく抱っこやハグなどでスキンシップをとってあげるといいでしょう。

虫歯にならないために、食育についても考えてみましょう

歯科医院での虫歯予防「シーラント」&「フッ素塗布」

フッ素塗布
フッ素塗布 虫歯菌への抵抗力を高めるフッ素を歯に塗ることで、虫歯を防ぎます。お子さんの成長にあわせて方法を多少変更します。
小学生未満 ガーゼにジェル状のフッ素を付けて、歯に塗ります。
小学生 トレーにフッ素を入れて歯に染み込ませます。
中学生から トレーにフッ素を入れて歯に染み込ませます。
シーラント
シーラント 奥歯に樹脂を詰めて汚れが溜まりにくくする虫歯予防処置です。乳歯や生え替わったばかりの永久歯に有効です。

親御さん向けの虫歯予防はこちら

  • ページの先頭へ戻る