しみたり血がでたりするのは歯周病かも?

歯を磨くと歯ぐきから血がでる…… 歯ぐきが腫れている……

歯ぐきの腫れや出血がみられる場合は、歯周病のサインかもしれません。歯周病は痛みがでることが少なく、知らず知らずのうちに進行していて発見が遅れやすい病気です。このほかにも、以下に当てはまる項目が多いほど歯周病にかかっている可能性が高いものと考えられます。

歯周病チェックシート

当院の歯周病検査・治療

当院では以下の歯周病検査・治療を行っています。

歯周病検査

プラークの染め出し

プラークの染め出し

歯周病の原因であるプラークの付着量と付着している位置を調べます。染色液が赤く反応した部分はプラークが付着している部分です。

歯周ポケット診査

歯周ポケット診査

歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にものさし状の器具を入れて、歯周ポケットの深さを調べます。歯周ポケットが深いほど、歯周病が進行していると考えられます。

歯の動揺度検査

歯の動揺度検査

歯をピンセット状の器具でつまんで動かし、どれくらい動くかを調べます。グラグラ動くほど、進行していることを示します。
歯周病治療

主に歯周病菌が潜むプラークや歯石を取り除く治療を行います。

スケーリング

スケーリング

スケーラーという器具を使って、歯周ポケットに溜まったプラークや歯石を取り除きます。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリングで取り除けない部分の汚れを落とす治療です。歯周ポケットの奥に溜まったプラークや歯の表面にこびりついた歯石を除去します。

フラップ手術

フラップ手術

歯周ポケットの奥深くにプラークや歯石が溜まっていてスケーリングやルートプレーニングでは十分に取り切れない場合は、フラップ手術を行います。歯ぐきを切開して露出した歯の表面や歯根に付着したプラークや歯石を、徹底的に除去します。
  • ページの先頭へ戻る