入れ歯治療

入れ歯のストレスは、主に「痛い」「よく咬めない」「外れやすい」の3点です。咬み合わせと吸着力を重視して、入れ歯治療に取り組んでいます。一人ひとりの患者さんの口腔内の状態を見極め、しっかり咬めて外れない快適な入れ歯をご提供します。

レジン床義歯 【保険診療】

レジン(歯科用プラスチック)でできた入れ歯です。厚みがあるため、違和感がある、食べ物の熱や味を感じにくいといったデメリットがありますが、咬む機能として問題はありません。また、保険が適応されるため比較的安価で、短期間で作製できます。

金属床義歯 【自費診療】

歯茎に当たる床の部分が金属でできた入れ歯です。薄くて装着時のフィット感がいいことや、見た目もいいことがメリットです。また、レジン床に比べて食べ物の熱・味が伝わりやすく、発音も良好になります。ただし、自費診療のためレジン床より高価です。

ノンクラスプデンチャー 【自費診療】

一般的な入れ歯のように金属のバネを使わずに装着できる入れ歯です。弾力性のある半透明の薄い素材でできており、装着時の違和感が少なく見た目が自然なのが特徴です。また、金属を使用していないので金属アレルギーの心配もありません。

【保険と自費の違い】

入れ歯には、保険診療のものと自費診療のものがあります。どちらの治療にもメリット・デメリットがありますが、最終的には自分に合うかどうかがもっとも重要です。

保険診療 自費診療
保険が適応されるため、患者さんは治療費の一部のみを負担すれば済みます。限られた素材しか使用できませんが、治療費は安く済みます。同じ治療法なら、どの医院でも同じくらいの費用です。 保険が適応されないため、患者さんが治療費の全額を負担します。使用できる素材が豊富で、機能性・審美性を兼ね備えた治療を受けることができます。同じ治療法でも、医院によって治療費が異なります。

【メリット】

  • 治療費が安価

【メリット】

  • 使用できる素材に制限がないため、機能面でも審美面でも質の高い治療を受けられる

【デメリット】

  • 使用できる素材に制限があるため、高品質の治療が受けにくい
  • 咬みにくい、話しにくいなど、日常生活に支障をきたすケースがある。

【デメリット】

  • 保険治療に比べると治療費が高額

料金表

M床(金属床) 200,000円+税
バルプラスト(杏友会) 160,000円+税
パルプラスト(NS) 200,000円+税
フレキサイト 最初の1歯 80,000円+税
(+1歯ごとに) 10,000円+税

※上記はほんの一部ですので、カウンセリングにてご希望等を踏まえ、最適な治療をご提案していきます。
お気軽に医師、スタッフにご相談下さいませ。

インプラント

インプラント治療とは

インプラント治療とはインプラント治療は、歯を失ったときに適用する補綴(ほてつ)治療です。もっとも一般的でみなさんになじみ深いのは恐らく入れ歯だと思いますが、最近では自然な見た目としっかりした噛み心地を兼ね備えたインプラント治療を選ぶ方が増えてきています。

治療内容としては、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋めて、その上に人工歯を被せることで歯の機能を補うというもの。人工歯根を埋める際など手術が必要になり、また保険が適用されないため治療費は入れ歯と比較すると高額ですが、そのぶんの審美面と機能面を得られるのはメリットが大きいでしょう。

インプラントと入れ歯のメリット・デメリット

  インプラント 入れ歯(保険適用の場合)
  インプラント 入れ歯(保険適用の場合)
メリット
  • 健康はと遜色のない見た目
  • 装着時の違和感がない
  • 硬い物でも問題なく噛める
  • 周囲の歯にやさしい
  • 金属アレルギーのリスクが少ない
  • 短期間で治療できる
  • 治療費が安い
デメリット
  • 治療費が高い
  • 人工歯根を埋める際に手術が必要
  • 持病がある方、顎の骨に問題がある方など、適用できないケースがある
  • 見た目に満足できない可能性がある
  • 硬い物を噛んだときにズレたり痛むことがある
  • 違和感がでやすい
  • バネを隣の歯にひっかける場合は、その歯の寿命を縮めてしまう
  • 長期の使用でだんだんズレてくる

料金表

インプラント 一本 上部構造 メタル 350,000円+税
インプラント 一本 上部構造 セラミック 400,000円+税

※上記以外にもオプションもございます。
カウンセリングにてご希望等を踏まえ、最適な治療をご提案していきます。
お気軽に医師、スタッフにご相談くださいませ。

  • ページの先頭へ戻る